自覚症状

「デリケートゾーンがおかしい・・・」そう感じることがあれば、すぐに性病検査を受けましょう。しかしこのように直接、カラダに変化が起こらないこともあります。自覚症状がなかったとしても、性病に感染している確率は大いにあります。

もしもあなたが性病にかかっている事実を知らぬまま、異性とカラダの関係をもつとしましょう。悪気がないとしても、あなたは他人に性病を感染させてしまうのです。性病と風邪は根本的に違います。風邪の菌は誰からうつされたかわからないのに対して、性病は誰にうつされたのか一発で分かります。不特定多数の人とカラダの関係を持っている人ならば分からないかもしれませんが、大抵の場合は分かるはず。そうなってしまえば、相手との関係はギクシャクしてしまうはずです。愛する恋人ができたとしても、あなたが性病と分かれば、別れるのも時間の問題です。

一番こわいのは、誰かにうつしてから自分も感染していたのが分かるケース。そうならないように、日頃から性病検査は行なっておくべきです。それに性病検査で早期発見をすると、性病が早く完治する傾向があるのです。進行を遅らせたりもできるので、深刻な事態はまぬがれます。

確かに性病検査となると、恥ずかしくて受けるのをためらう人もいると思いますが、被害の拡大を考えたら、そんな甘いことも言ってられないはずです。






What's New

2013/02/28
最新情報2を更新。
2012/11/29
最新情報を更新。
2012/07/11
セックスを更新。
2012/07/11
避妊を更新。
2012/07/11
連鎖反応を更新。
2012/07/11
感染原因を更新。
2012/07/11
性病検査の重要性を更新。
2012/07/11
ホームページリニューアル

Recommend Entry

肝心な場所

性病と言うとつまりは身体の大事な部分が病気になるので、非常に問題です。繁殖機能を司る部分ですので早期治療で解決しないと後々大変な事になります。

毛も剃ってみると

日本人の文化では、陰毛を剃るというものはありません。しかしこの陰毛からも性病に繋がるケースがあるのです。気になるなら一度剃ってみるのもいいでしょうね。

Recommend Site

Site Title

性病検査 キット

本当に大切なことだから、しっかり吟味
Site Title

初めてでも安心!自宅で出来る性病検査

身も心も美しく保ちたいのなら
Site Title

さくら検査研究所

デリケートな問題だからこそ、自分で検査したい。